9月28日

f0192237_1110071.jpg

朝はおくなかさんと一緒に井野アーティストビレッジ101へ。TAPの人たちが来るまで散歩して遊びました。パンダ公園(近くの団地にパンダの絵が描いてある)に行くとおねえちゃんの吹奏楽の練習についてきていた男の子がいて、今日はこれから滝を見に行くんだよーと教えてくれました。茨城には有名な滝があるのかなぁ。

超カラフルなTAPサイクルを借りて、取手探索にも出掛けました。埋蔵文化センターというのを発見したものの、次回展示は来年2月とのこと。TAPサイクルに乗っていると模様が気になるらしく、話しのタネになったりします。戻ってからはゲストアーティストの生意気がグランドで芝刈りするというので、スタッフのあちゃ子さんと見に行ったりしました。デイビッドは日本語が上手だった。

それから101に戻って、渡辺先生をつかまえて微分帖です。ふたりともその前に生意気に会っているので、なんだかオーガニックな話しになりました。

微分帖 Sep.28 2008 ①

パンを食べたくなって
またスープも作りたくて でも
嫁さんは ダイエット中なので
低カロリーの 生産者の
顔が 見える
食材が ちょっと
高いけど 近くの
新しく出来た ATMで
おろしてくれば 大丈夫、
私の食べたいのはとなり町の 自然食品店に
あると言う。 おなかの
赤ちゃんにも 安心出来るという。
その気持ちも よくわかる
安心な 野菜中心で
ロハスな感じの ごはんが
食べたいと言う。 さて
今日の夕食はどうしよう。

井野アーティストビレッジの運営コーディネートをしていて、TAP2006でも一緒だった、アーティストの栗山さんとも微分帖です。井野アーティストビレッジはTAP2008の会期に合わせてオープンスタジオをするのですが、そのチラシの仕分けを手伝いながら、お話が出来てゆきました。

微分帖 Sep.27 2008 ②

今日は雨が降りそうだったので
傘を持って外に出たら おむかえのお父さん用の傘を忘れてたので
一回帰った。 帰ってみたらおむかえさんの傘が壊れてたので
かわりにお母さんの傘を持って出た。 先祖
代々 中国4000年の歴史を
受けつぐ 傘づくりの
達人である 京都の職人
傘山傘太郎の 傘作品の
展開でいうと かなり
悪趣味な 粗雑品が
出回っていた アール・デコ期に
入門した三番 弟子の
そのまた弟子の お父さんが結納のときにつくった
お母さんにとって とてもとても貴重で
高価な とても
大事にされている お母さんの傘はとっても派手だったので
みんなが僕を見ていました。 でも、駅からの
帰り道では 意外になかなか降らないので
結局傘がいらなかった。
by ochakann | 2008-09-29 18:06

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann