6月9日 ええとこええとこ

神戸アートビレッジセンター(KAVC)での水野正彦くんとの展覧会のための、インタビューと打ち合わせと、ちくちく地区のための取材に行ってきました。新開地でのちくちく地区では、KAVCが商店街のなかにあって、いろいろと魅力的な名前があるので、その名前をちくちくにしてみようかなと思っています。

お昼に新開地に着いて、まずは笹と新開地KAVC周辺をぶらぶらしました。あらためて見てみると、なかなかいいフォントも多いので、ちくちくでまねしてみようかな、商店街の看板に書いてあった「ええとこええとこ」っていうのも、たくさん旗にしてみてもよさそうだな、とか打ち合わせました。

その後KAVC伊藤さんとも合流して、展覧会用のインタビューをして頂きました。ちゃんと応えられたような気がしたのだけど、話したことはけっこう忘れてしまったので、ぼくも記事を読もうと思います。

15時からは水野くん、KAVC大橋さんも入って、展覧会打ち合わせ。タイトルが決まりました。ぼくは最後までもうひとつを推してみたのだけど、実らず。でもタイトルをゆっくり決めることで、おたがいのおなじ所やちがう所について考えられたような気がします。

17時からは、チラシデザインをお願いする長谷川アンナさんと、アンナさんとsonihouseというユニットをしている鶴林万平さん、大阪大学コミュニケーションデザインセンターの木ノ下智恵子さんも増えて、チラシのことを話したり話さなかったりしているあいだに新幹線の時間になって、帰りました。どたばた。

笹の紹介をするときに、「万平さんにおけるsonihouseみたいなかんじです」というとなんとなく伝わった気になるのが面白かった。

長谷川アンナさん
http://www.anagra.jp/
sonihouse
http://sonihouse.net/
by ochakann | 2011-06-15 13:17 | 道の草 公園の壁/KAVC

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann