11月19日 ペットの竜/雲の上のねこ

横浜/ペットの竜
微分帖 Nov.9 2008

おじいちゃんになったら数々の武勇伝を語れるようになるだろう。

寿町でのいさかいや黄金町での夜のこと。
女房に逃げられたのもつい昨日のことのよう。

最後にあいつは俺に吐き捨てた
「あんたなんかとは、もう暮らせない!」
あいつはカバンに服をつめ
5才のガキにも身じたくをさせた。

悔しくて俺はあいつのカバンに2人で飲もうと約束した2缶のビールをつっこんでやった。
一人で飲むがいいと。そんな俺をじっとみつめるガキを、大声でどなりつけたら泣いた。
でも急に愛しくなって、ガキのリュックにも 黄金町サイダーをそっと入れたのさ。

あいつは俺に惚れていた。
俺もあいつに惚れていた。

ドアがばたんとしまって俺は毎日さびしくてペットを飼おうと相談したら
今日俺の背中に一匹の竜が宿った。

一人ドヤ街で寝っころがって老後をむかえるころ
数々の思い出がつまったイレズミは消えるかな。

@e-mail
http://d.hatena.ne.jp/saisentan/20081109/1226563527
おじいちゃんに/なったら==イレズミは/消えるかな。


横浜/雲の上のねこ
微分帖 Nov.27 2009

ねこが塀の上からやねの上にとびうつり
雲の上にはおいしいねずみとかいるだろうと思った。

あとそれとたとえば大きなくもの中を
およぐ魚でもあるんだろうかと思い
さらに電柱の上へくもの上へととびあがり
わたしをみおろしていた。


@CREAM ヨコハマ国際映像祭
http://d.hatena.ne.jp/saisentan/20091127
ねこが/塀の上から==わたしを/みおろしていた。
by ochakann | 2010-11-19 04:04

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann