<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

30人分=おはよう。一升ごはん炊いたよ。うめぼしは祖母の漬けたものなの。おはよ。私はスープつくってきたの。こんな小さな村じゃ洒落たクリスマスにならないねえ。おはよう。実家の佃煮もってきた。あ、ほんとに?100人分は無理だけど30人分はあるわ。わたしも楽しみ@makkotwitt

おはよう。/一升ごはん炊いたよ。==100人分は無理だけど30人分はあるわ。/わたしも楽しみ。
12月22日

2レース目=divnote=21Dec10=いろいろと信じてみようと思うけど、結局俺は勘で馬券を買う。今日は2レース目で少し儲けたから後は帰りの電車賃がなくならないよう、つねにぎりぎりのところで挑みつつ行動してみます。@Jota_Shimazaki@takako_yama

いろいろと/信じて==行動して/みます。
12月20日

尊敬する人物=divnote=16Dec.=採用試験の面接で尊敬するひとはと聞かれることが多いらしい。実際私も面接官だがつい聞いてしまう。私には尊敬する人物がいる。現実にはあまりないことだが、もし受験者から逆質問されたら、迷わずさかなクンです!って言おう^^@tochikonbu

採用試験の面接で/尊敬するひとは==さかなクンです!/って言おう^^ 
12月16日

竹内公太独演会=divnote=Dec.12=今日は18時から柏R2で竹内公太、独演会!じゃなかったら、たぶんキムチの匂いが充満するなかで微かに奴らの匂いがしているし、おそらく韓国レジデンスつながりで中島佑太と柴田祐輔とのトークセッションです!ぜひお越し下さい!

今日は18時から/柏R2で==トークセッションです!/ぜひお越し下さい!
12月12日

凧男=divnote=4Dec.=凧男さん、凧に乗ってはるばる海の家の屋根を駆け下り屋根の下からぶわっと舞い上がる風を受けて、右の足で端の雨樋を蹴って飛び立ち、向こうの向こうのもっと向こうから娘を助けてくださってありがとうございます!

凧男/さん==ありがとう/ございます!
11月13日

誕生日=dvn=Oct11=すわ、産まれちゃうか!というか、産まれてた!ことばにするとそんな感じ。で動きにするとこんな感じ。(でも、おとうさんにも、おかあさんにも笑われるから、あまりやらない。)誕生日のぼくを2歳のぼくはまだ覚えてる。そのあと恐怖と痛みでわんわん泣いてしまった。

すわ、産まれちゃうか!/という==恐怖と痛みで/わんわん泣いてしまった。
10月10日

ハードル感=divnote=Oct.10=外国・外国人に対して変なハードル感がなくなれば、お年寄りの日本人は仲良くなれる。右寄りの日本人はやるきになる。左寄りの日本人はまともになる。大人の日本人は普通にできる。若い日本人はもっとやれる。

外国・外国人に対して/変なハードル感がなくなれば==若い日本人は/もっとやれる。
10月9日
by ochakann | 2010-12-31 17:03
3分コッキング
f0192237_1892599.jpg
ちくちく地区
f0192237_1893417.jpg
『仕掛けあいプロジェクト あーだ・こーだ・けーだ』の、TAP2010-2011に向けてのスカイプ会議でした。ちくちく地区、ゆっくりあたためながら進められたらいいなぁ。

ということで、1月15日はちくちく地区の縫い物あそび@Tappinoをすることになりそうです。他にもなにかするかもしれません。広報は井野団地にお住まいの方を中心に行うと思うのですが、そうでなくても気になる方は、ぜひTappinoへお越し下さい。

取手アートプロジェクト
http://www.toride-ap.gr.jp/

Tappino
http://acdparty.exblog.jp/12548532/
by ochakann | 2010-12-30 02:43
f0192237_0453030.jpg
先月『リカちゃんハウスちゃん すてきなおうちの巻』を書きましたが、それが本になりました。以下、企画の筒井さんの告知ツイートより。

新刊本『であ、しゅとぅるむ』を冬コミ(12/31)「アニメルカ」ブースにて委託発売させて頂きます。アートクラスタの方々に楳図かずおをテーマにして創作してもらいました。マンガ=荒木涼子、梅津庸一、遠藤俊治、坂本夏子、宮田篤。小説=伊藤亜紗。評論=石岡良治。

by ochakann | 2010-12-29 00:51 | 絵をかく
f0192237_0291975.jpg
f0192237_0285468.jpg
山下樹里さんがせっせとつくっていた、広島市現代美術館での展覧会の記録集ができたので届けていただきました。全体のタイトルも「ふしぎの森の美術館」だし、種が落ちて芽が出るように、またそのうち新しいプランで遊びに行きたいです。マツダスタジアムにも。

A5フルカラー20ページの冊子ですが、たくさんいただいたので欲しい方連絡頂ければさしあげますよー。美術館から一般に配布などはしていないそうです。
by ochakann | 2010-12-29 00:43 | ことばの森/広島市現代美術館
f0192237_1183718.jpg
お昼すぎから松戸アートラインプロジェクトの<図書館>へ。本の書き出しを借りて書き始める、『<図書館>の微分帖』がなかなか楽しいです。ぼくがいない時にも中島くんや石幡さんのおかげでけっこう増えていました。「微分帖版 ハリーポッターと不死鳥の騎士団(下)」がおもしろかった。

そういえば今年は深澤くんとの『すごろ句と微分帖』や、広島現美の『ことばの森』とか、微分帖に追加ルールを入れたり、微分帖にほかのあそびをコラボさせるようなことがけっこうできた気がします。

微分帖はごく初期の時点でいったん方程式を完成させてしまったことが良かったのかもしれない。それでも完結にならず、むしろ色々と展開できているので、これからももっといろいろと考えてみたいです。
f0192237_1104475.jpg

その後宮田篤+笹萌恵でやっている、縫い物あそび「ちくちく地区」を、井野団地で出来ないかなぁと笹と打ち合わせました。

「ちくちく地区」で3分コッキングをすると旗が2本できる。
それをつかって、例えば「がいとう」と書いた旗の1本を街頭に飾り、もうひとつをTappinoに飾る。
「けいじばん」と書いた旗の1本を団地の掲示板に飾り、もうひとつをTappinoに飾る。
「カエデ」と書いた旗の1本を団地の楓に飾り、もうひとつをTappinoに飾る。
「ちょすいそう」書いた旗の1本を団地の貯水槽に飾り、もうひとつをTappinoに飾る。
「パンダこうえん」と書いた旗の1本を団地のパンダ公園と呼ばれている公園に飾り、もうひとつをTappinoに飾る。
「やました」と書いた旗の1本を団地の山下さんちに飾り、もうひとつをTappinoに飾る。
「やましたはなこ」と書いた旗の1本を団地の山下さんちのはなこちゃんの机に飾り、もうひとつをTappinoに飾る。

みたいなことを繰り返していったら、Tappinoに団地の名前がたくさん集まらないかなぁ、とか考えていました。その中で、何人かしかそこをそう呼んでいないレアな名前があったり、昔の名前をみつけたり、誰かの何かのお役にたてたりしないかなぁと、あーだこーだ考えました。あるいは江渕さんと旗アクセができたりするかなぁ。
by ochakann | 2010-12-19 01:28 | アートのある団地/TAP
f0192237_1124950.jpg

このあいだの取手アートプロジェクト2010でのライブらくがきは、机の上でDJみたいなことをしているので、「デスクジョッキー」という名前にしようかなぁ、と思いつきました。で、あの状態から指揮をするときは「サイン指揮」で、つかった紙は「サイン指揮紙」です。写真はTAPブログより。

ACDブログにもこの日の記事など更新されていました。
ぼくはとりあえず縫い物から仕掛けたいなぁ、と思っています。
次回ミーティング?は1月15日です。

仕掛けあいプロジェクト あーだ・こーだ・けーだ
http://acdparty.exblog.jp/
by ochakann | 2010-12-17 01:18 | アートのある団地/TAP
f0192237_1175292.jpg
先週も行った、松戸アートラインプロジェクトの中島佑太+石幡愛の<図書館>で微分帖をする。彼らの<図書館>に、ぼくの「いどうとしょ感」がお邪魔したような感じになりました。今年2回目の風邪で頭がぼうっとしつつも、お客さんも交え、何冊か作っているうちに<図書館>コラボルールを思いつきました。

①いつもは誰かが適当に書いている微分帖の書き出しを、<図書館>にある本の書き出しから引用して、②いつもは微分帖が出来上がってから決めるタイトルを、その本のタイトルと同じにすることにしてみました。


<図書館>には主に松戸の方からもらった本がたくさんあって、でもなかなか全部読もうという気にはならないけど、微分帖コラボルールが出来たらなんだか色んな本の書き出しが気になってきて、普段とはちがう視点でいろんな本を見ることもできました。先にタイトルを決めておくっていうのも、縛りが出来て面白いです。

ほんとうの図書館でこういうあそびができないかな、あるいは誰かの書斎とかでやってみてもおもしろいかなぁ。引用した本と併置して、にせブックレビューみたいにしてもいいのかな。

<図書館>
http://daihonban.exblog.jp/
by ochakann | 2010-12-16 03:26 | ことばの壁
昨夜は、うたの家ワークショップが終わってからすぐ取手へ向かいました。取手アートプロジェクト2010でのACDミーティングでした。

他のみんなはお昼から集合していたので、合流するためにかつてそば屋だったうどん屋へゆく。ACDメンバーだと江渕未帆さん、深澤孝史くん、徳久ウィリアムさん、むっきがいて、あと当時/現在のTAPスタッフさんとかもいて、なんとなく4年前の作業場だったときのそば屋のままのような感じがしました。

単純にこの人たちと何かするだけでも楽しいことが出来そうだなぁと思いながら、むっきはついに小6なんだなぁとか思いながら、うどんを食べつつ野村誠さんとも合流し、それから今日来られなかったACDメンバーのはなしになって色々と思い出したりしました。

このあたりは野村さんの日記のこのへんに詳しい
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20101206

f0192237_40616.jpg

写真はTAPブログの記事から

それで今日5日は野村誠×熊倉純子トーク、ACDトークでした。えずこホールのときにもやった、(そのときはサイン指揮と呼んでいた)ライブ落書き書記係がとてもたのしかった。会場の質問をプロジェクションしたり、はなしに合わせてメモしたり絵を書いたりしていって、どんどん新しい紙を足して余白を更新していったのだけど、トークの最後に紙をめくっていくと、前のはなしと後ろのはなしがごっちゃになりつつ関係してたりしていました。おもしろいのでこれはまたやりたい。

このトークの内容は野村さんの日記のこのへんに詳しい
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20101205

で、そのあと宮田・深澤・江渕で常磐線に乗って帰ってたのですが、どうもこの3人はTAP2006前後からキャリアがはじまりだした3人らしく、
「あせらない」
「決めない」
「はじまっても作っている」

みたいなACDの良い(悪い?)ところをばっちり引き継いでいるなぁ、とか話しました。
by ochakann | 2010-12-10 21:10 | アートのある団地/TAP
三田の家の、うたの住む家ワークショップに行ってきました。2月にお台場で公演があるそうで、そのためのうたづくりワークショップでした。どう公演に反映されるか分かりませんが、デモンストレーションも含めて3曲、微分帖でうたをつくってみました。

微分帖でうたづくりはちょっとややこしそうなうえに、障がいのある方も半分くらいいらしたので、まずはここに来る道順をきいて地図にしてみたり、「あてっこ好物」であそんで自己紹介をしつつ(今回は制作の田中さんの『セロリ』が難問だった)、ゆっくりやってみました。

まず、デモでつくったうた。2年前の「うたの住む家記録集」で書いたマンガの中に「うたーのすーむーせーかーい」と歌っているところがあって、なんとなく自分の中で音がついていたので、そこからはじめて、ひとりでつくってみました。

うたの住む世界

うたの住むせかい

うたのうまいかずちゃんが
これから住むせかい

うたのうまいかずちゃんは
いま赤ちゃんがおなかにいて
このせかいはこの子が
これから住むせかい


そのあとで2曲、微分帖ソングができました。微分帖が完成した後に曲をつけてもらったことはあるけど、微分帖と曲を同時につくるのははじめてで、それによって増えてゆく過程のまま、うたになったのが面白かったです。

そういうことは自分だけだとできないので、からめーる団やボブのおかげですぐに譜面ができたり、曲をつくったり、ぼくの歌い方のアイデアをすぐに理解して参加者に伝えてもらったりしてできたのが、とてもよかったです。

自分のパートを歌い終わったひとは間違えて歌い出さないように、口を「うっ」と手でふさぐのが面白かった。微分帖自体をプロジェクションしながらうたったりしてみたいなぁ。「ことばの壁」にもそういう部分があってもいいかもしれない。

くるい秋桜

世界にひとつだけの花

世界にひとつだけ
宇宙にさいている
ちいさなコスモスの花

世界にひとつだけ
宇宙にさいている
おしげもなくさいている
ちいさなコスモスの花


かわりはいないサンバ

かわりはいない
じぶんだけをしんじよう

かわりはいないじぶんだけ
やさしさとつよいきもちをしんじよう

かわりはいないじぶんだけ
やさしさとかはいらないの
かわりはいない
つよいきもちをしんじよう



次回は1月22日です。
詳しくはこちらから。


三田の家
http://mita.inter-c.org/
by ochakann | 2010-12-06 01:38
松戸アートラインプロジェクトの中島佑太くん+石幡愛さんの<図書館>に行ってきました。いらしていたお客さんやスタッフの方と2時間くらい、おしゃべりしながら微分帖を3冊つくってみる。

「学校をさぼって茶葉の聖地チャバザニアに行く話」と、「結婚して出産して離婚してあらもう子どもが受験生の話」と、「彼女にふられてショックで太ったら長州小力になって人気が出て3ヶ月たった話」ができたので、<図書館>に預かってもらいました。

また今度は7日と8日の午後に行く予定です。
微分帖をしたり、しなかったりしようと思います。

このあと4日は三田の家でワークショップ、5日は取手のTappinoでトークなどの予定です。
by ochakann | 2010-12-03 02:44

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann