カテゴリ:微分帖のこと( 13 )

仙台/またあうとき
微分帖 Apl.29 2012


ひさびさな気がしないわね
ごあいさつが上手にできましたしね。

2ねんまえはまだ、産まれていなかったのに…あの日のことはよく覚えています。

お腹の中でも外の世界のことはわかりました。
あなたがどんな人なのか
あなたが今どんな気持ちなのかもよくわかりました。

でも…私がどんな人なのかあなたはわからないと思うから
「ああ、早く会いたいなあ」
その思いを言葉にしようと思っても、まだおはなしもできなかったのにね。

また会うときはタッチ。


ひさびさな気がしないわね/ごあいさつが上手にできましたし=
=また会うときは/タッチ。

ひさびさな気がしないわね/ごあいさつが上手にできましたし=
ね。/2ねんまえは=
=まだおはなしも/できなかったのにね。
=また会うときは/タッチ。

ひさびさな気がしないわね/ごあいさつが上手にできましたし=
ね。/2ねんまえは=
まだ、産まれていなかったのに…/あの日のことはよく覚えています。=
=言葉にしようと/思っても、
=まだおはなしも/できなかったのにね。
=また会うときは/タッチ。

ひさびさな気がしないわね/ごあいさつが上手にできましたし=
ね。/2ねんまえは=
まだ、産まれていなかったのに…/あの日のことはよく覚えています。=
お腹の中でも/外の世界のことはわかりました。=
=「ああ、早く会いたいなあ」/その思いを
=言葉にしようと/思っても、
=まだおはなしも/できなかったのにね。
=また会うときは/タッチ。

ひさびさな気がしないわね/ごあいさつが上手にできましたし=
ね。/2ねんまえは=
まだ、産まれていなかったのに…/あの日のことはよく覚えています。=
お腹の中でも/外の世界のことはわかりました。=
あなたがどんな人なのか/あなたが今どんな気持ちなのかも=
=よくわかりました。/でも…私がどんな人なのかあなたはわからないと思うから
=「ああ、早く会いたいなあ」/その思いを
=言葉にしようと/思っても、
=まだおはなしも/できなかったのにね。
=また会うときは/タッチ。


===========================
昨年の震災当時に、仙台のむろむろさん夫妻と、落ち着いたら微分帖をしましょうと約束していたので、せんだいメディアテークの一角をお借りして、微分帖であそぶ「いどうとしょ感」をしてきました。お昼から4時間くらいの間に6冊の微分帖ができて、ここ何年か、ただただ微分帖をするような時間がなかなか取れないので、またやりたいと思いました。

えずこホールの「らくがっき」のときには1才だったテルハちゃんと、お母さんのなつきさんも来て下さいました。もうすぐ4才になるそうで、おはなしもできるし遠くまで走ってから戻って来たりできるようになっていました。しかし人懐っこい所は変わらず、2年ぶりのゆりかご運動(テルハちゃんを抱えてごろんごろんする)をしたり、たかはしよしぴろさんと一緒にテルハ銀行のお札をつくったりしました。

上記の微分帖「またあうとき」は、テルハちゃんが帰る時にひとりずつタッチしていったところ(を書き出しに選んだのはしょうこさん)から始まっています。でも微分するうちに「お腹の中にいたときに、外の世界が見えていて"あなた"に会っていたんだよ」というはなしになりました。
by ochakann | 2012-05-04 01:53 | 微分帖のこと
f0192237_14541.jpg
難波元町二ノンHPより

ひげさん、という方が(たぶんお会いしたことはないんですが)微分帖を知ってくださって、ビブリオバトルという読書会のようなものと微分帖あそびを組み合わせて、もよおしをして下さっているようです。きょうはニノンというところで、「夜になって」と「うさぎの」という微分帖ができたそうです。

難波元町二ノン
http://salon-ninon.jugem.jp/?eid=1

ビブリオバトルというのも面白そうです。いろいろ見てゆくと東北芸術工科大学には、芸術学部に文芸学科があるらしい。最近は知らない人とシンプルに微分帖したい気持ちがあるので、そういうところに微分帖しにあそびにいけないかと思いました。

知的書評合戦ビブリオバトル
http://www.bibliobattle.jp/

次回は3月23日に、またビブリオバトルと微分帖をなさるそうです。
今度はHOSTEL 64 Osakaというところです。

HOSTEL 64 Osaka
http://www.hostel64.com/
by ochakann | 2012-02-24 01:53 | 微分帖のこと
ふかさわ君の「とくいの銀行」で岸井大輔さんの「こどもkichi」へちくちく地区をしに行ってからのつながりで、月1くらいで台東区の「ふね」という所で微分帖をしてます。ひさしぶりに、初めて会う人と普通に微分帖ができるので面白いです。今度は3月のぼくの時間が空いてる日にやります(未定)。

きょうは、「食べるなら今だ」「むこうの馬」「地球カタン」の3冊ができました。外向けの広報はされないので、知らない人と微分帖したい方、そのほか「ふね」自体に興味のある方、こちらまで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

東京の条件
http://tokyocondition.com/sharekotatsu
by ochakann | 2012-02-22 19:47 | 微分帖のこと
青空が広がってとてもいいながめの映画を見た

ゆったりとした休日のゆったりとしたーー 
ゆったりとした…ゆったり…

ぼけー
ジリリリリリ(電話の音)

ハッ
もしもし いま ゆったりしてたとこ

さてゆったり再開
ゆーったりとして、蒸発してふわー ふわー
ゆったりとした空気がひろがっていき
ゆったりとした一日が流れていく

わが家はリビングもカーペットがこんなに広がってすごく広い


東京/カーペット
微分帖 Feb.2 2012
@ふね(台東区)

青空が
広がって 広がって
すごく広い

青空が
広がって とてもいい
ながめの わが家はリビングも
カーペットがこんなに 広がって
すごく広い

青空が
広がって とてもいい
ながめの 映画を見た
ゆったりとした休日の ゆったりとした空気がひろがっていき
ゆったりとした一日が流れていく わが家はリビングも
カーペットがこんなに 広がって
すごく広い

青空が
広がって とてもいい
ながめの 映画を見た
ゆったりとした休日の ゆったりとしたーー 
ゆったりとした… ゆーったりとして、蒸発して
ふわー ふわー ゆったりとした空気がひろがっていき
ゆったりとした一日が流れていく わが家はリビングも
カーペットがこんなに 広がって
すごく広い

青空が
広がって とてもいい
ながめの 映画を見た
ゆったりとした休日の ゆったりとしたーー 
ゆったりとした… ゆったり… ぼけー
ジリリリリリ(電話の音)ハッ もしもし いま ゆったりしてたとこ
さてゆったり再開 ゆーったりとして、蒸発して
ふわー ふわー ゆったりとした空気がひろがっていき
ゆったりとした一日が流れていく わが家はリビングも
カーペットがこんなに 広がって
すごく広い

by ochakann | 2012-02-11 03:47 | 微分帖のこと
私は今日早起きして出勤するだんな様を見送ったあとテレビをつけると、
今日の体操はラジオ体操第2。

それならいいやと、もう一度ふとんにもぐりぬくぬくしながら
新聞から抜きとったヤオコーのチラシを見ました。


茨城/ヤオコーのチラシ
微分帖 Jan.18 2012
@いこいーの+Tappino(取手市)

私は今日
早起きして ヤオコーのチラシを
見ました。

私は今日
早起きして 出勤するだんな様を
見送ったあと もう一度ふとんにもぐり
ぬくぬくしながら新聞から抜きとった ヤオコーのチラシを
見ました。

私は今日
早起きして 出勤するだんな様を
見送ったあと テレビをつけると、
今日の 体操はラジオ体操第2。
それならいいやと、 もう一度ふとんにもぐり
ぬくぬくしながら新聞から抜きとった ヤオコーのチラシを
見ました。

by ochakann | 2012-02-02 00:02 | 微分帖のこと
f0192237_1113555.png
図解・微分帖 2010-2011 izmov、宮田篤

2009年に名古屋で、2010年に横浜でつくって以来、神戸では、ひさしぶりに『ことばの壁』をつくる予定です。(と言っても、今気づいたけど、なんだかんだ毎年1回はやっているんだなぁ。)

今までとちがうところは、①広島市現代美術館での『ことばの森』で増えた微分帖、微分絵本が追加されることと、②izmovさんがつくってくれた『図解・微分帖』をつかわせて頂けることと、③ツイッター微分帖divnoteで出来た微分帖も展示されることです。あ、あと、④植田裕子ちゃんがやってくれている、ココルームでの微分帖も、たぶん読めることになりそうです。

それと、⑤微分帖がちょっとわかるかもしれない紙、というリーフレットをつくろうとしています。まぁ、これを見たからと言って微分帖が必ずしもわからなくてもいいのですが、それでも、ああ、でたらめにかいたわけじゃないのね、と思ってくれたらいいのかなぁ。

書き下ろしはなくて、いままで頂いたテキストを編集しただけなのですが、遠藤水城さんが2009年に書いてくれたテキスト「帽子とウワバミ」と、樋熊冬野さんが2010年に書いてくれた「ゆだねて育てる」と、izmovさんが2010年に制作してくれた図解に、ぼくが少し注釈を入れたものになりそうです。KAVCで、会期中に配布予定です。

微分帖がちょっとわかるかもしれない紙 (2011)
テキスト 遠藤水城、樋熊冬野、宮田篤
イラスト izmov、宮田篤
A5 4ページ(A4二つ折り)
by ochakann | 2011-08-09 01:55 | 微分帖のこと
f0192237_17301926.jpg
微分絵画:みじん子 2011 加藤巧との共作 photo:KATO Takumi

大阪
神戸アートビレッジセンター(KAVC)の打ち合わせは明日なのですが、1日早く大阪へ。TAP2006からのお付き合いの植田裕子ちゃんが、今年からスタッフをしている、釜ヶ崎ココルームへ行ってみました。たまに微分帖をしてくれているらしい。

オープンと同時にうかがうとまだ植田さんはいないので、いらした岡本さんやねこさん(通称)と過ごす。ねこさんはぼくには話しかけてくれないのだけど、岡本さんづたいになにやら教えてくれたりします。夜行バスで来たので、ちょっと昼寝もさせてもらう。

それから植田さんがきたので、ココルームやカマメでこれまでできた微分帖をみせてもらいました。植田さんとは、そう言えば微分帖を考えたばっかりの頃に一緒にやってもらったけど、そのあとはやっていないかも。そうすると植田さんと微分帖のことを話すのは3年ぶりくらいかもしれない。

最近、普段は微分帖の「仕組みのおもしろさ(むつかしさ)」のことをよく考えていたのだけど、もちろん「実際・実践のおもしろさ(むつかしさ)」もあって、どんなふうにあそんでもらうかとか、どうしたらイメージを共有しながら更新できるか、とか、そんなところも考えながらの「微分帖とぼくの3年半」のノウハウみたいなのが、しょうもないながらも一応あったりします。

で、今回、一番面白かった、ココルームに来てよかったと思ったのが、「微分帖と植田裕子の半年」みたいなものが見られたことでした。ココルームに来る人たちのいくらかは微分帖を(なんとなく)知っていたり、やったことがあったり、やらなかったことがあったり、いつのまにか話したことが微分帖の中に入り込んだりしていて、ぼくは定期的に微分帖をする場所を持っていないので、こういう状態は初めてみたかもしれないと思いました。

そうするとやはり植田さんの持っているノウハウみたいなものはぼくのと違うわけで、でも同じところにぶつかったり、同じところを大事にしていたりしていて、なんだか勉強になりました。このままゆっくり続けていってくれたらうれしいなぁと思います。

きょうは「ななはかまいり」のおはなしと、「らくだ」のおはなしができました。

神戸
伊藤さんが迎えに来てくれたので、それからKAVCへ。途中、この間の結婚式でワークショップをさせてもらった、田口健太くんのグループ展へ。大きめのやつが気に入りました。実は去年グループ展をした、digmeout ART&DINERがけっこう近かった。

KAVCでは展示のためのパーテーションを変則的に使いたいので、そのテストをしました。それと、「ちくちく地区:新開地」のための旗も、ちょこっとつけてみました。なかなかいい感じなので、もっとたくさんつけようと思います。

奈良
夜は奈良県在住の作家、加藤巧くん、田口恵さんのおうちに泊めてもらいました。笹からたくされた「一宿一飯の恩義」もわたす(朝日新聞の荒木飛呂彦全面広告!)。大きいアトリエで「微分絵画」のテストもしてみる。たくみくんとは「微分絵画:みじん子」という絵などが、田口恵とは「微分絵画:ねこならざるもの」ができました。

やっていくうちに、微分”絵画”と呼んでしまうことで縛られそうになっているものがあるような気がしていて、「微分スケッチ」とか、「微分図」とか、なにかちがう呼び方があるといいなぁ、と思いましたが、ともかく、絵の微分帖について一緒に考えてくれるたくみくんに感謝です。
by ochakann | 2011-08-06 17:33 | 微分帖のこと
f0192237_1428985.jpg
ツイッター微分帖「divnote」をまとめるために、むかしのツイートをさかのぼっていると、イズモフさん(なにものかはぼくもしらない)が作ってくれた、【図解・微分帖】を発見しました。なんと、1年も前にどこかで微分帖を知って、図解をつくってくださっていたらしい。

とてもうれしいし、分かり易い図解なので、神戸KAVCでの展覧会のためにつくろうとしているリーフレットに、掲載させて頂こうかなと思っています。
by ochakann | 2011-07-09 14:37 | 微分帖のこと
釜ヶ崎/野球かんせん
微分帖 6/25 2011

今日は野球かんせんしてはやくかえった

酒をのんだあばれた愛を伝えた
愛は全てを許すって教えてくれた
あの人は遠くへ行った
        
なのでぼくは近くのあの子に全力で伝えてみた
そしたらあの子はにっこり笑ったので嬉しくなった
    
遠くへ行ったのみすぎた
わけがわからなくなり
石川さんともりあがった



釜ヶ崎/雨の日
微分帖 6/25 2011

雨の日はしずかに座って
タバコをくゆらせ
濃い目のコーヒーをのんで寝ます。

起きて雨を見ます。
すばらしいおひさまが出ました。
おいしいまんじゅうがありました。
        
うひゃひゃうれしいな。
私の好きなつぶあん。
おいしいものはほっとするからいいなぁ。
       
それを食べたら頭がさえました。
空を見ていたら雲が出て来て雷雨になりました。
いろいろ考えます。
    
おなかが減りました。一服します。
そしたら郵便屋さんが来た!
しとしと降る雨の音を聞きます。



釜ヶ崎/4:28
微分帖 6/25 2011

今日はあんどうさんとラピートのとけいを見た

南海電鉄新今宮駅の時計は午前3時。
青く高く地球はまわる
そして太陽もまわる

月は
赤く
深く
やばい
乗り遅れる

4:28

はしります。

大きなこえで話せてよかった

===================================
カマン!メディアセンターや釜ヶ崎周辺でできた微分帖のうちのいくつかを、ココルームの琵琶湖こと、ACDの植田裕子ちゃんが送ってくれたので、書き下してタイトルをつけてみました。「詩の学校」というところでもやってみたそうです。やわらかい微分帖だなぁと思いました。

カマン!メディアセンターでは、今月も微分帖であそぶ日があるそうです。
ぼくは行ったことまだないんですが、なんだか面白そうな場所です。

どこかで微分帖したら、ぜひ教えて下さい。

NPO法人 こえとことばとこころの部屋 COCOROOM
http://www.cocoroom.org/

カマン!メディアセンター
http://www.kama-media.org/

by ochakann | 2011-07-02 22:03 | 微分帖のこと
がんばれ日本、
がんばれ東北

記事「「がんばれ日本、がんばれ東北」英紙が1面でエール」より

ぼくは千葉県北部で被災しました。兼業美術家なので、勤めている老人ホームの遠足中、川沿いを歩いているところでした。もちろんとても驚いたし大変でしたが、一緒にいた認知証の方がこんなときでも変わらず「ごはん食べたい!」とか「え?地震あったの。へー」とか言っていて、妙に冷静になったりして、火事場の馬鹿力も使ったりして、ラジオから情報を入れ翌日なんとか帰って来られました。

昨日今日いろいろ考えたり、靴とリュックを近くに置いて寝たりしましたが、今晩ふと、ああぼくらは今大きな微分帖のなかにいるのだ、と思いました。微分帖とは

微分帖というのはぼくの見つけたおはなしの遊びで、つまりぼくの作品で、ぼくからの、世界をこんな風に見てもいいのかもね、という提案でもあります。

微分帖では最初と最後を決めたお話の真ん中を、みんなでふやしてゆきます。ぼくらの微分帖は、最初のページで大変なことが起きてしまったけど、ぼくらはもう最後のページを決めています。

最後のお話を決めているから、あとはもう真ん中のお話を、みんなで少しづつ書き込んでゆけばよいのだと思います。楽しく、力強く、優しく、注意深く、書けることを、書ける分だけ、次へつながる最後のページのお話に、つなげてゆけばよいのだと思いました。

ぼくは美術のことを考える専門家なので、そういうことを感じて、ここに書き留めておこうと思いました。まだまだ大変で、近くにいる人や家族や恋人の、ほんの少しの力にしかなれないけど、こんなにおおきな微分帖のなかで、いま色んなお話を書いて、これから色んなお話を書くのだと思うと、ぼくだけかもしれないけど、少し力が出ました。
by ochakann | 2011-03-14 01:40 | 微分帖のこと

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann