カテゴリ:ことばの壁( 58 )

春服=divnote=Apl.22=
早くあったかくなれ!なんだよこのカイロ。
ぜんぜんあったまんない。
はやくあったまれ!
デートだからって浮かれすぎてて寒くなるなんて、
天気予報みてなかったよもう。。。
素敵な春服買ったのに!
じゃあ早く春になれ!
春になったらこういう格好したいんだい!

7:26 AM Apr 22nd webから
@m0co早く/あったかくなれ!==こういう格好/したいんだい!
3:01 AM Apr 22nd webから m0co宛

兄海舟=
divnote=Apl.22=

坂本龍馬ブームのまっただ中に生まれた私は、
龍馬と名付けられました。
物心ついた頃にはぐれた兄の名は海舟。
その年にはもう龍馬ブームは下火で、
あれから20年たち、
ブームもすっかり過去のものとなった昨今ですが、
勝海舟派です。

8:16 PM Apr 21st webから
yuelung 坂本龍馬ブームの昨今ですが、勝海舟派です。
5:34 AM Apr 20th webから
あなたがリツイート

最強の敵=
divnote=Apl.20=

ゴルゴが最強の敵を迎え撃つためには、
なにをしなければならないか?
が夏休みの自由研究のぼく。
参考にしたのはゴルゴ13幼稚園編の弟8巻。
おねしょを治したいゴルゴが、
お父さんとお母さんに相談した結果、
洞窟で瞑想し五感を研ぎ澄ます回の内容。

5:22 AM Apr 20th webから
tokuhisawilliam 知人情報:ゴルゴが最強の敵を迎え撃つ。ために洞窟で瞑想し五感を研ぎ澄ます。回の内容。 http://golgo.blog.ocn.ne.jp/blog13/2007/10/1041_ae1d.html
11:02 PM Apr 19th webから
あなたがリツイート

笑える=
divnote=Apl.17=

ここまでは、やってみたんだが、挫折した。
いい作品にしたくて飯も食わずじっくりやって、
まぁ、うるさいからクロに牛乳だけやって、
昼寝してるあいつもこの出来を見たら、
うなりそうだったんだが。
さっきまで集中してたのが、
我にかえって来ると笑える。

6:43 AM Apr 17th webから
@tokuhisawilliamここ/まで==来ると/笑える。
3:47 AM Apr 17th webから tokuhisawilliam宛

金宮焼酎=
divnote=Apl.17=

金宮焼酎。
ストレートでぐいっといくのがいいと、
去年までいたあの明るくて面倒見がよくて(猫の)、
社内で彼だけは、
朝からたまに酒のにおいがしてても良くて、
かっこよくて、
でもあたまつるっつるの部長が言ってたなぁ。
空腹で飲むと効くわー。

2:30 AM Apr 17th webから
@bobissimo金宮焼酎。/ストレートで==飲むと/効くわー。
8:16 AM Apr 16th webから bobissimo宛
by ochakann | 2010-04-27 01:32 | ことばの壁
f0192237_227762.jpg
メディアセブンで、4月3日にやった「かわぐち詩律いどうとしょ感」でつくった微分本の仕上げをしました。

かわぐち詩律いどうとしょ感
http://ochakann.exblog.jp/13331485/

「きのうは大さわぎ」
「なんでも知ってる宇宙人の物語」
「ぎょうざ作り」
「谷あり山あり」
「ミニーのひみつは?」


の5冊に加えて、ワークショップ以外でできた微分帖も、いくつか微分本にしました。

「サバンナのるすでん」
「SAIHATE」
「エルザタワー」


以上8冊を、もうちょっとしたら中央図書館に収蔵して頂きます。

今日は奥付や巻頭の説明を付けました。奥付にはその本に参加したおとなの感想が載っています。あとは分類番号がついたり、ラミネートしたりする作業をたぶん図書館の方にお願いして、完成になるのかなと思います。

メディアセブンの樋熊さんによると、いどうとしょ感に参加された方がもうそろそろあるかなーと探しに来られてしまったりしてるらしいので、図書館にならんだ頃に届くように、収蔵お知らせマンガも描きました。
by ochakann | 2010-04-24 22:19 | ことばの壁
干す縮む炒める=divnote=Apl.15=
さ!一晩干したらあーら、縮んだなぁ…。食べれるのこれ?うちじゃこんなの出なかったなぁ。
へーそう俺んちだけなのかな、甘辛く炒めると食べれるよ。おぉ縮んだねぇ、おいしそう。
お義母さんから頂いた生姜も良いかんじ。よしよし。

夜=divnote=Apl.14=
ベッドから降りたら床がなくて
そのまま地球の裏側が見えた。
みんな寝ていた。
ぼくはお昼寝中だからやっぱり向こうは夜なんだなぁ。
ねがえりうったり夜なんだ。
やっぱり大人は起きてるんだ。
なんだか目が慣れてきたけど、
あくまでも、そこはまだ夜だった。また寝た。


園芸=divnote=Apl.14=
気がつくと育っていて、もう、つぼみまで出てきた。
前の秋からはじめて庭いじりというものをやってみたものの、
ずっとつまんなかったんだけど、春を待つこの頃、
園芸は、うなるほどおもしろいです。

お母さんの豚足=divnote=Apl.12=
ちょっといわき市までおばあちゃんに会いに行ってきます。
お墓の周りではじゃんがら踊りがあって、
四十九日にはじゃんじゃん、がらがら、一族総出で踊るのです。
久しぶりに会う沖縄から来たお母さんに頼まれた豚足を運んできます。

梅林さん=
divnote=Apl.12=

大河原の梅林さんは
今日もえずこホールの前を
自転車に乗って三つ編みを揺らして、
交差点の前でベルをひとつ、ちりん。
それからすいっと通って、柴田高校へ。
やっぱり素敵、とても綺麗でした。


夕方ビール=divnote=Apl.12=
夕方ビールを飲んだのは、おまえか!
はい、飲みました。
ベロベロじゃないか!
いやーそんなことありませんよ、わたしはわたしです。
よる誰かに呼び出されても、車で出かけない対策です。

意見交換=divnote=Apl.10=
三谷幸喜さんと名刺のデザインが似ているらしく、
まぎらわしいからもっと楽しげにキラキラした紙に
墨汁で手書きする感じに直したほうがいいと
去年指摘されたときが彼と意見交換するチャンスだった。

落下傘=divnote=Apl.10=
どんな風に吹かれても飛ばないで持っていられる傘の組み立て方を応用して
今度は落ちてもケガしない落下傘の開発に成功した。
今後は同じような洗濯バサミの開発にでもかかわるといいんだろうね?

グランゾート=divnote=Apl.10=
突然だけどきょうから同棲することになりました。
…ってツイッター見て娘の同棲を知った!次のツイートは、…
彼の荷物は段ボールいっぱいのアニメDVD。
さてわたしも一緒にグランゾートみようと思う。

わからず屋=divnote=Apl.10=
わからず屋にわかってもらうためには、
げんこつでも一発おみまいするのは昔のやり方だと、
上司なんだけど先に出世した後輩に言われて、
途方にくれてやろうかと思ったが、こうすればいいのか。

本日のおすすめ=
divnote=Apl.9=

クリームチーズがとても美味しい。
これは使える、ということで
シェフにも食べさせますと、
やはりなんだかいつもと違うねと申しますので、
外の看板にもありますように本日のおすすめは、
今日はバウムクーヘンを焼きました。


新しいのが入る季節=divnote=Apl.8=
また新しいのが入ってくる季節だよ。
桜も散る頃の風が冷たくていい気分でちょっと和む。
とはいえ目が赤く腫れて何がなんだかきれいに見えないんだ。
たくさん胃潰瘍ができそうだね!

宿六=divnote=Apl.8=
また新しいのができたんだ。
なんかもううかうかしてると犬にも猫にも種付けしそうだね、この宿六は!
近所でなんて言われてるか知ってるかい?!
あんたんとこは子どもだけで野球チームができそうだね!

芸術の醍醐味=
divnote=Apl.8=

芸術の醍醐味は、少ない情報であります。
雄弁に語る芸術なんてのはそれに徹すれば、
あり得るかもしれないが、ふつうは、
みなさま、大変に野暮であります。
作品はちょっとにしてあとは
お客さんにたくさん想像させること。


屋台のおじさん=divnote=Apl.8=
え、これ、犯罪じゃないの?
道交法とか許可とってんの?
あぁ、とってない。
だからこの屋台目立たないオーラまとってるのね。
それにしても大丈夫なのかな。
おじさんひとりでやってるんですか?

母の結婚式=divnote=Apl.8=
まなざしを向けるってことなら、
冷たさよりもくすぐったさがすごくて
うちの母は自分の結婚式のときまで
そうだったらしいんだけど、
「もう無理」「限界」「恥ずかしい」
と逃げます。
手紙を送るくらいの方が、
母は温かさを感じる気がしますが。

半端な空き時間=
divnote=Apl.8=

なにこのごはん!ぜんぜんうまく炊けてない。
わたし一人ならたべますよ。
みそ汁でも佃煮でもぶっかけてたべますよ。
でも夕方から彼がくるんだもん。
とはいえ炊き直すには半端な空き時間!


つみき三部作=divnote=Apl.8=
「つみきの家」、「つみきの嫁」、「つみきの風呂」。
昭和40年代に撮影され当時の豪華キャストをそろえたものの大ゴケし、
2010年に大ヒットしているというつみき三部作を観ました。

裏の顔=divnote=Apl.7=
2時間くらい正座させた。
ふざけすぎていたからこらしめてやろうと
いつもは見せない裏の顔というかまぁ、
つまり、すっぴんで、
眉間にしわもよせて怒ったのだが、
やりすぎたかと反省している。

料理の気分=divnote=Apl.6=
きょうはたくさんのひとがあそびにきた。
急にだから困った。
しかも全員おなかすいてるんだって。
私いまちょうど料理しまくりたい気分だったからびっくりした。
余っている野菜をみんな入れてみんなでカレーをつくってひるごはんをたべた。
http://twitter.com/divnote
by ochakann | 2010-04-15 02:48 | ことばの壁

4月12日 divisional note

f0192237_1593020.jpg
ひと月くらいやっていた「としょ感と図書館」と、大阪で半月ほどやっていた「digmeoutEXHIBITION2010 OSAKA」が、昨日でおしまいでした。

「としょ感と図書館」は微分帖をプレゼンしてみる展覧会で、こんなことをしたら微分帖のやり方とか面白さが伝わるんじゃないか?と思ったことをどんどん実験してみました。

微分帖を微分本にしてみたり(これは微分帖が逆に「本ではない」ということだと思った)、微分体という映像をつくってみたり(これはその後の微分帖作曲の面白さにつながり、これから微分帖戯曲の素にもなるかもしれない)、巨大な「微分帖のできるまでマンガ」を描いてみたり(大きくまとめて描くために簡潔さがちょうどよく出たかもしれない)、まだ忘れてることもあると思いますが、とにかく「思いついちゃった」ものをどんどんやってみた展覧会でした。

そしてその結果、ぼくがいない場所で「来日アフリカ人」という微分帖ができて(川口の天狗という飲み屋さんでらしい)、関心空間というサイトで紹介までしていただいたので、ぼくのいないところで「微分帖をプレゼンしてみる」展覧会は、なかなかプレゼンできていたのかもしれません。

ひとつ残念だったのは、微分帖と関係のありそうな本をたくさんピックアップしてきたのに、色々思いついてほとんど読めなかったこと。でも「即興文学の作り方」という本に出会えたのはとてもよかった。

そして良かったのは、メディアセブンで担当してくれた樋熊さんが、終盤にかけて色んなことを勝手に考えてくれたことで、始めはサポートというか色んな回りのことをやってくれていたのだけど、それがちょっとずつ共犯みたいになっていったのが良かった。

樋熊さんのひとことからできました
http://twitter.com/divnote

これで1月の「らくがっき」からのどたばたが一度おしまいです。2週間ほど置いて、5月からこんどは黄金町滞在制作〜アートフォーラムあざみ野〜広島市現代美術館、ワタリウム美術館と、また9月末くらいまでどたばたします。
by ochakann | 2010-04-13 01:44 | ことばの壁
あてっ子こうぶつ
f0192237_2374281.jpg
「かわぐち詩律いどうとしょ感」の日でした。

30分前くらいから、ちらほらとお客さんがいらしたので、開始まで「あてっ子こうぶつ」であそぶ。自己紹介がわりによくやるあそびで、すきなものの絵と、自分の名前を描いて、みんなであてっこします。ぼくのうめぼしは毎回当たらない。今日はキャベツ説が有力でした。



大きな微分帖
f0192237_23135138.jpg
時間になったのでまずは微分帖の説明です。きょう手伝っていただく広島市現代美術館のやましたさんと、RUSK - alternative space in Gyoda-のいがらしくん、あとメディアセブンスタッフのひぐまさんとおやまつさんで作った大きな微分帖でどんな風にお話が増えて行くか説明して、さっそくグループごとに作ってみます。



かわぐち詩律いどうとしょ感
f0192237_23143733.jpg
6〜8人くらいのグループが4つで、こどもと大人が同じくらいの人数です。
f0192237_23145548.jpg
微分帖をしながら、微分本の表紙の絵も描いていきます。
f0192237_23154240.jpg
このグループはNHKにあそびに行ったお話から、
f0192237_23155777.jpg
救急車が来たり取材が来たり、Mr.マリックに会ったりてんやわんやの話になりました。
f0192237_23163223.jpg
こちらは宇宙の話。
f0192237_23171882.jpg
できあがったものをみんなで読んでみました。
どれもすべて、きょうここでしかできない変なお話になりました。
2冊作ったグループがあったので、計5冊の微分本です。
f0192237_2318979.jpg




としょ感(7F)から図書館(5F)へ
f0192237_2318223.jpg
川口市立中央図書館へ。
階段には笹萌恵が運針した3分コッキングの旗が並んでいます。
「おとなもこどももあそべるぶんがく としょ感と図書館」と書いてある。
f0192237_23184044.jpg
鈴木館長がじきじきに対応してくださいました。
f0192237_23204041.jpg
一冊ずつ、作った子がどんなお話か説明して、鈴木館長に手渡します。
f0192237_23205410.jpg
しばらくすると、この微分本は図書館で読めるようになります。
by ochakann | 2010-04-06 23:27 | ことばの壁
f0192237_2317575.jpg
明日のワークショップの準備のためにメディアセブンへ行きました。参加者は20人くらいの予定だけど、当日お父さんとかお母さんも興味がでたら参加してみて欲しいので、30人程度は入れるように展示空間を広げて微分帖が出来る場所を増やしました。

アシスタントも含めて6人前後のグループが4、5個できる予定です。知らない人と微分帖をするのもいいけど、家族とするのもなかなか楽しいので、ぜひ一緒に参加してみて欲しいなぁ、と思っています。
by ochakann | 2010-04-04 23:11 | ことばの壁
4コマしおり
f0192237_0125284.jpg
メディアセブンで「としょ感と図書館」の拡充をしました。空間もなかなか良くなってきて、きょうは小学6年生の男の子と微分帖を1冊つくりました。「エルザタワー」という、「雨が降り続いて雪になってメディアセブンが埋まってエルザタワーが埋まるが、ヘリコプターがお湯をかけてとかしても雨はまだやまない」話です。

今日のアイデアは4コマしおりです。としょ感の蔵書に、4コマ漫画のかいてあるしおりをしのばせて、その本の特徴やデータを説明するものです。あとは、小冊子「としょ感のてびき」もつくりました。微分帖の作り方が手のひらサイズに収まっています。テイクフリーで置いておけるようにしたいです。

その他大阪digmeout展の準備、あざみ野でのワークショッププラン準備もしています。

大阪では絵をたくさん出します。
ぜんぶ額に入れてみました。

「ひこう木」
「くるま座」
「永遠のトワイライト」
「ひげ橇」
「ひっぱり愛」
「亡きがお」
「白昼夢プレイ」
「まばたきを聴いてる みみたぶを見ている」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
FUNKY 802 digmeout EXHIBITION 2010 OSAKA
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●日程;3月30日(火)>4月11日(日)
●会場;梅田「E~ma」1F Dバ ほか
    アメリカ村「digmeout ART&DINER」
●主催=FM802/digmeout FACTORY
●特別協賛=ソニー株式会社 
●協賛=GUNZE BODYWILD、NIKEiD
●展覧会参加アーティスト(15名)
米増由香/riya/明石瞳/山崎ひかり/吉田依子/上北佐紀/駒井 和彬
HR-FM/宮田篤/ヘロシナキャメラ/青山たか生/Shoji Komatsu
大沼コウジ/CHIAKI/赤鹿麻耶

毎年恒例のdigmeout展覧会。今年は梅田イーマとアメ村ダイナーの2会場。
沢山の人に見ていただける場所での展示、ご期待ください。
3月30日の20:00からオープニングパーティもイーマB1「ビブリオーテーク」
で開催します。いまからカレンダーに印つけておいてください。

http://www.digmeout.net/exhibition2010/
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ワタリウム美術館では夏にらくがっきをやります。

ワタリウム美術館 アート一日小学校2010
http://www.watarium.co.jp/lec_kinder/index.html
by ochakann | 2010-03-26 00:31 | ことばの壁
誰の目もかまうものか

微分帖を紹介する展覧会、「としょ感と図書館」も会期が半分くらい過ぎました。「微分帖を紹介する」というのは、つまりぼくのいない会場でも微分帖が大体どんなものなのか(その仕組みだったり、色んな人と色んな所で書いていることだったり)を伝える、ということで、微分帖を思いついてから2年くらい経つけど、何というかやってみれば一発で分かりますが、やらないで伝えるのはけっこうむつかしいのです。

メディアセブンに出したプランもやっぱり完全には伝わっていなくて、なので、「としょ感と図書館」では色んなチャンネルから色んな方法で微分帖の紹介をすることにしました。大きく図解してみたり、微分帖の木をはやしてみたり、参考になりそうな本を中央図書館から借りてきてきたり、体の動きに変換してみたリです。この試行錯誤は会期終了まで(終了後も)続きますが、きのうはじめて、「としょ感と図書館」を見て微分帖をしてみた、という方からメールをいただきました。

微分帖を初めて以来の、たぶん記念すべきことです。
しかも面白い。「頑張れ10代!!誰の目もかまうものか」というところが好きです。


微分帖 May.20 2010 
川口/来日アフリカ人
 
アフリカ人が日本にはるばるやってきて
ヤリをふりまわして草木もおどろき
雨はやがて雪に変わる

東京の人って雨降ったら
家にひきこもるけど
鈍色オリエンタルな気分になって
僕は戦車にのるそしてやたらと発射する

(そうだーそうだー)

サイコロは投げられたのだ!!
カエサルかよ!!ってそんなのわかんない。
と言い聞かせるけどやっぱりわかんない。

教育?宗教?哲学?

難しすぎだぞ!!笑いもでない!
笑顔は終わりだ!!ヤリを持て!!

頑張れ10代!!誰の目もかまうものか

しかし急にさみしくなる
誰かに会いたい
やっぱ外に出る。

イヌと戯れながらかささすよね
今だにその感覚がわからない

果たして僕は変われるだろうか
とりあえず先生に手紙を書いてみようかな

皆がおどろき歓迎された
by ochakann | 2010-03-25 00:05 | ことばの壁
アートフォーラムあざみ野で、6月の展覧会の下見をしました。すごく横長の壁をもらったので、遊びで出来た物から絵やマンガまでずらっと年表みたいな展示が出来ないかなと考えています。最近25才から26才になったので、「資反省記(しはんせいき)」というだじゃれが思いつきました。

でかい照明をつくる北川さんと、Fogをテーマに秋冬のコレクションを展示する伊藤さんと、でかいもぐらたたきをつくるさかもとさん、フクモ陶器の福本さんに会場の作品と鑑賞者をコーヒーでつなげようとするL PACKさんがご一緒です。そういえば、こういうちゃんとした作品の方々と展示をさせてもらうのはけっこうひさしぶりかもしれません。

そのまま川口へ移動してちょこっと「としょ感と図書館」の展示の拡充をしました。
「ひぐまよめになる」「life development」という新しい微分帖もできました。

関心空間というサイトで、微分帖の紹介をhiyamapittさんがしていただいています。
ありがとうございます。

微分帖ー関心空間
http://www.kanshin.com/keyword/2106412
by ochakann | 2010-03-23 00:06 | ことばの壁
f0192237_211397.jpg

「としょ感と図書館」の会場である川口市メディアセブンへ。
「としょ感と図書館」は「施設や企画者、そして参加者という立場をこえてワークショップのかたちを考えるプログラム」であるワークショップアカデミーの採用企画で、「4月3日の”いどうとしょ感”のために、微分帖に興味を持ってもらうための展覧会」なので、行くたびに展示をよりよく拡充していこうと思っています。

微分帖をハードカバー本にした「微分本」は5F中央図書館にありますが、こちらはいろいろな方が手に取ってぱらぱらめくってくれているそうです。7Fメディアセブンでは微分帖と、図書館からお借りした微分帖に関係ありそうな本を展示しています。メインの部分がだいたい決まってきたので、その回りの雰囲気作りのために、微分チェアをつくりました。

微分チェアは、微分帖や「本だな?」の本が読める椅子です。
本だな?は、微分帖はこんな本なのだな?と思うための本棚です。


4月3日のワークショップ参加者も順調に集まっているようです。川口の方もそうでない方も、遊びにきてもらえたらうれしいです。作った本は図書館の蔵書になります。併せてお手伝い様も若干名募集していたりします。

大人も子どもも遊べる文学
◎かわぐち詩律いどうとしょ感

2010年4月3日(土)14:00 - 16:00
定員:20名 参加費:300円
対象:小学3年生~大人(小学生の場合は保護者同伴)

自分の言葉を誰かの言葉とつなげて思いがけない物語を育てる遊び、「微分帖」。作文が苦手でも簡単にお話が完成してしまう、不思議な体験をしませんか。最後には、微分帖の遊びでできあがった物語を本に仕立てて川口市立中央図書館に収蔵します。

申し込みはこちらから
http://www.cdc.jp/2010/03/post-80.php
by ochakann | 2010-03-16 02:32 | ことばの壁

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann