12月4−5日 仕掛けあいプロジェクト『あーだ・こーだ・けーだ』

昨夜は、うたの家ワークショップが終わってからすぐ取手へ向かいました。取手アートプロジェクト2010でのACDミーティングでした。

他のみんなはお昼から集合していたので、合流するためにかつてそば屋だったうどん屋へゆく。ACDメンバーだと江渕未帆さん、深澤孝史くん、徳久ウィリアムさん、むっきがいて、あと当時/現在のTAPスタッフさんとかもいて、なんとなく4年前の作業場だったときのそば屋のままのような感じがしました。

単純にこの人たちと何かするだけでも楽しいことが出来そうだなぁと思いながら、むっきはついに小6なんだなぁとか思いながら、うどんを食べつつ野村誠さんとも合流し、それから今日来られなかったACDメンバーのはなしになって色々と思い出したりしました。

このあたりは野村さんの日記のこのへんに詳しい
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20101206

f0192237_40616.jpg

写真はTAPブログの記事から

それで今日5日は野村誠×熊倉純子トーク、ACDトークでした。えずこホールのときにもやった、(そのときはサイン指揮と呼んでいた)ライブ落書き書記係がとてもたのしかった。会場の質問をプロジェクションしたり、はなしに合わせてメモしたり絵を書いたりしていって、どんどん新しい紙を足して余白を更新していったのだけど、トークの最後に紙をめくっていくと、前のはなしと後ろのはなしがごっちゃになりつつ関係してたりしていました。おもしろいのでこれはまたやりたい。

このトークの内容は野村さんの日記のこのへんに詳しい
http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20101205

で、そのあと宮田・深澤・江渕で常磐線に乗って帰ってたのですが、どうもこの3人はTAP2006前後からキャリアがはじまりだした3人らしく、
「あせらない」
「決めない」
「はじまっても作っている」

みたいなACDの良い(悪い?)ところをばっちり引き継いでいるなぁ、とか話しました。
by ochakann | 2010-12-10 21:10 | アートのある団地/TAP

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann