3月13日 メディアセブンのレポート

「としょ感と図書館」の会場や機材をサポートしていただいているメディアセブンの「ワークショップアカデミー」でも、レポートが掲載されています。「ワークショップアカデミー」は、サイトから引用したところによると、「施設や企画者、そして参加者という立場をこえてワークショップのかたちを考えるプログラム」なのだそうです。

「としょ感と図書館」は「4月3日の”いどうとしょ感”のために、微分帖に興味を持ってもらうための展覧会」です。「微分帖の面白さはやらないと絶対にわからない」のですが、微分帖を読んだりするだけでも、「微分帖をする面白さ」ではないなにか別の魅力があると思っています。

このあたり、野村さんのポスト・ワークショップの話http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20100302とも繋がるところがあったりしないかな、と思っています。向こうはバンカートスクールで、こっちはワークショップアカデミーなのでした。


WORKSHOP ACADEMY WA0018
http://www.cdc.jp/workshop_academy/plan/wa0018/
by ochakann | 2010-03-15 02:37 | ことばの壁

【ちくちく地区:井野団地/宮田篤+笹萌恵】(取手アートプロジェクト/茨城)


by ochakann